ゆるる新大阪
出張オイルマッサージ性感メンズエステ
[ 営業時間 11:00~5:00 ] 06-6195-1015

ゆるる新大阪|出張マッサージ性感エステ|大阪府 大阪市大正区


出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪 出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪 出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪 出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪
マイページでポイントがたまる・利用履歴が見れる・予約が簡単。ご登録はこちら。

Contact us

ご連絡はこちらからどうぞ

大正区での出張マッサージご利用料金

大正区のご自宅・大正区のホテルへの出張(派遣)は下記料金にて承っております。
ゆっくりと自宅マッサージ、お仕事の疲れを癒すホテルマッサージ。 大正区内であればどちらでも同料金で派遣させていただきます。
また、大正区のご自宅・ご宿泊先のホテルへの派遣時は大判のバスタオル持参でお伺いさせていただきますので、マッサージオイルやクリームでベッドを汚すことなく癒しの時間をお楽しみいただけます。
無料大正区での出張マッサージご利用はお得がいっぱい♪
大阪市大正区全域共通
  • 交通費… 1000円
  • 入会金… 無料
  • 自宅出張費… 無料
  • ホテル出張費… 無料
  • 日時予約料… 無料
  • 割引イベント… ご利用可能
  • 移動時間… 約 40 分(新大阪発時・大阪市大正区主要エリアへの移動時間 目安)

更新日:

料金計算機 大阪市大正区でのご利用料金の計算

大阪市大正区でのご利用料金の計算

コース(分)
お支払い方法
割引の有無
指名の有無

⇒ ご利用料金(交通費 1000円含む):

NOW本日[1/30(木)]の出勤 現在)(最新情報はブラウザを更新してご確認ください。)

長料金
延長時間 料金
20分 5,000円
40分 10,000円
60分 15,000円
名料金
名称 説明 料金
ホームページ指名 初めてご案内する女の子 無料
本指名 2回目以降にご案内する女の子 1,000円

大阪市大正区からの ご予約(お問い合わせ)方法

大阪市大正区にて ご案内を希望される際は、下記よりご希望の方法で ゆるる新大阪 にご連絡ください。
お名前・電話番号・ご利用場所(ご自宅住所・ホテル名部屋番号)等をお伝えください。


大阪市大正区 ホテルガイド

大阪市大正区の下記ホテルにて ご案内を希望される際は、ホテル名をクリックして詳細をご確認ください。

大阪府ホテル一覧


≪大正区ご案内可能町名一覧≫
船町,北村,千島,三軒家西,鶴町,泉尾,三軒家東,北恩加島,小林西,南恩加島,平尾,小林東

大阪市大正区Wiki

大阪市大正区のご紹介
大正区(たいしょうく)は、大阪市を構成する24行政区の一つである。区全体が運河に囲まれた島状の地形となっている。

大正初期以来沖縄県からの移住者が多かった地域で、沖縄料理や沖縄食材を扱う店が多く、「リトル沖縄」とも呼ばれる。

2016年現在、大阪市24区の中で最も人口が少ない

大正区の区名は、木津川に架かる大正橋(たいしょうばし)から命名された。区名制定にあたり住民に区名を募集した際「大正橋区」を希望する声が多かったが、「大正橋区」では長いとして最終的に大正区に決定した。なお、区名の由来となった大正橋は大正4年竣工であるが、大正区自体は大正時代ではなく昭和7年に設置された区である。

三軒家の地名は、江戸時代初期の開発当時に3軒の民家があったことが由来となっている。三軒家は摂津国西成郡木津村の中村勘助(木津勘助)によって開発された。

北村および泉尾(いずお)の地名は、江戸時代にこの地を開発した北村六右衛門に由来する。そのうち、「北村」は姓をそのまま取り、「泉尾」は北村六右衛門の出身地・和泉国大鳥郡踞尾(つくの)村(現在の堺市西区津久野町)から、和泉国の「泉」と踞尾村の「尾」を組み合わせて命名された。

北恩加島(きたおかじま)・南恩加島(みなみおかじま)・千島・小林の地名は、江戸時代にこの地を開発した岡島嘉平次に由来する。「北・南恩加島」については、開発者・岡島嘉平次への敬意を示すため、この地を担当していた代官が「岡島」を「恩加島」の表記に変更した。「千島」および「小林」は、岡島嘉平次の出身地・摂津国東成郡千林村(現在の大阪市旭区千林)からとっている。

平尾の地名は、江戸時代にこの地を開発した平尾与左衛門に由来する。

船町および鶴町の地名は、万葉集の和歌から町名がとられている。船町や鶴町など区の南西端は明治以降の大阪港第一次修築工事の際に埋立・開発がすすめられた町である。なおこの地にはかつて鶴浜通・福町の地名もあり、これらの地名も万葉集からとられていたが、住居表示の実施によりいずれも鶴町に統合される形で姿を消している。

大正区は、かつての淀川水系と大和川水系により運ばれた土砂により出来た大阪湾の三角州の1つであり、運河により更に3つに分かれている。

北を頂点として、南の辺が約2.8km、南北の長さが約4kmの三角形の形をしている。東と南には木津川、西には岩崎運河、尻無川が流れ、西端は大阪湾に接している。区の内部には、人工港湾の大正内港があり、木津川から分かれ、南恩加島・鶴町と船町との境界を成す木津川運河がある。北端に、JR西日本とOsaka Metroの大正駅がある。また、南北の目抜き通りに大正通り、東西に国道43号が通る。

現在、木津川と三軒家川の間には難波島があるが、三軒家川は北半分が埋め立てられている。木津川を挟んで東側には月正島(がっしょうじま)があったが島の東を流れていた七瀬川は埋め立てられてこちらも地続きとなっている。

難波八十島と呼ばれた三角州地帯の南部に過ぎなかった当区域に人家が見られるようになったのは元和年間とされ、木津川尻の姫島に西成郡難波村から漁民3名が移住したのが始まりとされている(三軒家由来の他説)。その前後の1610年(慶長15年)または1647年(正保4年)には中村勘助によって新田開発が行われ、姫島は勘助島と呼ばれるようになった。

勘助島のうち、木津川から分岐する三軒家川の西岸は廻船の碇泊地として賑わいを見せ、西成郡三軒家町を形成した。1684年(貞享元年)には大川の川筋普請のために天満1丁目・臼屋町・天満2丁目のそれぞれ大川沿いの住民が、西成郡三軒家村の北東端へ移転して船津町・臼井町・川本町が成立し、大坂三郷へ編入された。

勘助島の東隣、木津川の流路を塞ぐように位置していた難波島では、1699年(元禄12年)に河村瑞賢によって島の中央部を開削する工事が行われ、木津川の流路が一直線になった。木津川新河道により分割された難波島は、西側の島の名は難波島(島の西には三軒家川)のままとし、東側の島の名は月正島(島の東には木津川旧河道の七瀬川)と命名された。

以降、同じく瑞賢の開削による安治川と並んで木津川は諸国物産を積んだ廻船で大いに賑わい、木津川西岸の西成郡難波島村も三軒家町に比肩するほどの賑わいを見せるようになった。

勘助島における新田開発は木津川改修工事とともに本格化し、新田開墾は願書を1698年8月(元禄11年)に提出、同年9月に許可された。町民(中村勘助、北村六右衛門、岡島嘉平次など)が行い、現在の町名はその開墾した人に由来する。なかでも岡島嘉平次は当区域に該当する全16新田のうち9新田の開発に携わっている。工事としてはまず堤防予定地の内側を掘り下げて溝を造り、その上げ土で堤防を築いて海水の侵入を防ぐ。この後堤防内を新田に開拓する。新田の雨水などは、一時溝にためて、干潮のときは堤防の水門をあけて排水し、満潮のときは水門を通じて海水の侵入を防いだ。江戸時代後期になるとほぼ現在の形になる。


大正運河により周囲の貯木場への水運が便利になった。昭和初期の小林付近
1883年(明治16年)に三軒家にあった大阪紡績会社(現:東洋紡)がイギリスより日本で初めての蒸気式の紡績機を輸入し、大阪を日本一の紡績工業都市へと押し上げ「東洋のマンチェスター」とも呼ばれるきっかけを作った。また、三軒家川の碇泊地としての歴史をふまえ、明治中期から造船業も発達するようになった。

1897年(明治30年)に区域は全域大阪市となり、大阪港第一次修築工事(築港事業)が開始され、鶴町・船町が埋立造成された。築港事業に伴って、1916年(大正5年)に木津川運河、1923年(大正12年)に大正運河がそれぞれ完成し、立売堀川・長堀川沿いにあった江戸時代以来の手狭な材木市場が大正運河に沿った千島・小林の貯木場へ移った。

鶴町(現在の鶴町1丁目、船町渡船場付近)にはゼネラルモーターズの自動車工場(1927年(昭和2年)から1941年(昭和16年)まで)が、船町には中山製鋼所の製鉄所や日立造船などの造船所も作られ、近郊農村は阪神工業地帯の重工業集積地に姿を変えた。これらの大工場に働き口を求めて沖縄県から移住者が多く集まったことが、現在も続く沖縄県出身者のコミュニティ形成の主因となっている。川沿いの工場には大きな船が着岸するため、大正区を取り囲む川には(区の北端の大正橋などを除いて)橋は掛けられず、渡船が対岸とを結んでいた。市内からは大正橋を通り市電が鶴町までを結んでいた。この大正橋は1915年(大正4年)に開通した。

第一次世界大戦時には、小林付近にドイツ軍捕虜を、第二次世界大戦時には新千歳にアメリカ軍捕虜を収容したと言われる収容所があった。第二次世界大戦時、大正区全域が大阪大空襲により壊滅的な被害を出したが、一方で現在の大正中央中学校(当時大正尋常高等小学校と言われていた)附近にあった高射砲陣地にあった砲は、B29を1機撃墜させるなどの戦果を挙げている。

戦後、沖縄からの出稼ぎ者が本土へ向かうようになると、戦前から出身者のコミュニティが形成されていた大正区へ集中。一時的に沖縄スラムと呼ばれる集落も形成された。スラムは朝鮮半島出身者が多く居住する集落と合わせて、1950年代以降、1969年に発生した大規模火災を挟みながら解消されていった。

大阪港周辺では工業化による地下水くみあげのために地盤沈下が起こり、洪水や高潮に弱くなったほか浸水被害が深刻なため、第二次世界大戦後になって修築10ヶ年工事が開始された。当区域では北恩加島付近で尻無川を拡幅し、小林西・南恩加島(旧・新千歳町)一帯にかけて大正内港が造成され、浚渫で出た土砂で貯木場や大正運河の埋立および周辺の嵩上げが行われた。なお、貯木場機能は南港の平林地区へ移転されている。1980年代以降、産業構造の変化で重工業が振るわず中小の工場も廃業するものが出る一方、その跡地に大型店舗が立地したり、川沿いの立地を生かしたレストランやマンションの用地として活用されているものもある。

大阪市大正区の隣接市区町村

大阪市大正区から隣接市区町村のホテル等へ移動されることで、交通費が変わる場合があります。

大阪府交通費一覧



Contact us

ご連絡はこちらからどうぞ


PageTop