ゆるる新大阪
出張オイルマッサージ性感メンズエステ
[ 営業時間 11:00~5:00 ] 06-6195-1015

吹田市出張マッサージ|性感メンズエステ|交通費無料||ゆるる新大阪


出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪 出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪 出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪 出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪
マイページでポイントがたまる・利用履歴が見れる・予約が簡単。ご登録はこちら。

Contact us

ご連絡はこちらからどうぞ

吹田市での出張マッサージご利用料金

吹田市のご自宅・吹田市のホテルへの出張(派遣)は下記料金にて承っております。
ゆっくりと自宅マッサージ、お仕事の疲れを癒すホテルマッサージ。 吹田市内であればどちらでも同料金で派遣させていただきます。
また、吹田市のご自宅・ご宿泊先のホテルへの派遣時は大判のバスタオル持参でお伺いさせていただきますので、マッサージオイルやクリームでベッドを汚すことなく癒しの時間をお楽しみいただけます。
無料吹田市での出張マッサージご利用はお得がいっぱい♪
吹田市全域共通
  • 交通費… 無料
  • 入会金… 無料
  • 自宅出張費… 無料
  • ホテル出張費… 無料
  • 日時予約料… 無料
  • 割引イベント… ご利用可能
  • 移動時間… 約 30 分(新大阪発時・吹田市主要エリアへの移動時間 目安)

更新日:

料金計算機 吹田市でのご利用料金の計算

吹田市でのご利用料金の計算

コース(分)
お支払い方法
割引の有無
指名の有無

⇒ ご利用料金:

NOW本日[7/14(火)]の出勤 現在)(最新情報はブラウザを更新してご確認ください。)

長料金
延長時間 料金
20分 5,000円
40分 10,000円
60分 15,000円
名料金
名称 説明 料金
ホームページ指名 初めてご案内する女の子 無料
本指名 2回目以降にご案内する女の子 1,000円

吹田市からの ご予約(お問い合わせ)方法

吹田市にて ご案内を希望される際は、下記よりご希望の方法で ゆるる新大阪 にご連絡ください。
お名前・電話番号・ご利用場所(ご自宅住所・ホテル名部屋番号)等をお伝えください。



≪吹田市ご案内可能町名一覧≫
江坂町,円山町,新芦屋下,元町,千里山東,青葉丘南,朝日町,岸部北,桃山台,千里山月が丘,千里丘中,岸部中,五月が丘北,片山町,南金田,高野台,泉町,川岸町,垂水町,日の出町,朝日が丘町,天道町,金田町,昭和町,芝田町,清和園町,目俵町,新芦屋上,山田西,山田南,江の木町,千里山虹が丘,西御旅町,南清和園町,南正雀,山手町,千里山高塚,上山田,五月が丘南,佐井寺南が丘,千里万博公園,青山台,千里丘上,津雲台,寿町,竹谷町,千里山霧が丘,西の庄町,内本町,川園町,藤が丘町,出口町,岸部南,長野東,尺谷,幸町,佐井寺,竹見台,樫切山,清水,南高浜町,芳野町,上山手町,穂波町,高城町,五月が丘東,千里丘西,平松町,広芝町,吹東町,中の島町,南吹田,千里山星が丘,千里山竹園,高浜町,山田北,山田市場,青葉丘北,千里山松が丘,千里丘北,末広町,東御旅町,豊津町,藤白台,春日,千里山西,山田丘,長野西,原町,山田東,古江台,五月が丘西,佐竹台,千里丘下

吹田市Wiki

吹田市のご紹介
吹田市(すいたし)は、日本の近畿地方中央部、大阪府北部の北摂三島地域に位置する市である。施行時特例市。 古代の行政区画で吹田の殆どは三島郡に属する。大宝律令(701年)で三島郡が島上郡と島下郡に分割されて以降は、島下郡に属した。

神崎川沿いの河港として古くから栄え、近代以降はビールのまち(アサヒビール)、鉄道のまち(吹田操車場)へと変貌を遂げ、現代以降は千里ニュータウンの造成、日本万国博覧会の開催で知名度を上げた。

万博会場跡地は万博記念公園として整備され、太陽の塔、市立吹田サッカースタジアムなどがある。

市域の北側は、なだらかな千里丘陵で占められ、南側は淀川・安威川・神崎川や、千里丘陵を源流とする川から運ばれた堆積物で造られた平地になっている。標高は、1.5mから115.7m。市域は、東西に6.4km、南北に9.6kmで、面積は36.11km2である。吹田市域の地質は、北部の千里丘陵の大阪層群(千里山累層)の古期洪積層と、南部の安威川・神崎川沿岸低地の沖積層の2つから構成される。北部の洪積層は、約200万年前から約1万年前に土砂が堆積した地層。南部の沖積層は、約1万年前以降にできた地層である。かつては海がすぐそばまで迫っており、豊津、高浜といった地名が今に残る。安威川は市域の南端を、神崎川は東から西に流れる。千里丘陵を源流とする山田川・糸田川・正雀川・高川が北から南に流れ、安威川および神崎川に合流する。

当地域に自然の大きな湖沼は無く、釈迦ヶ池・新からま池・宮ヶ谷池・竜ヶ池・牛ヶ首池・王子池・高町池など、多くのため池が設けられている。

佛念寺山断層(上町断層帯)が東隣の豊中市北部から南へ続き、市境を通って吹田市南部で市内に入る。吹田市内では江坂付近を経て、南の大阪市内の上町断層本体へつながる。また、吹田市域のすぐ北に高槻有馬構造線がある。どちらの断層でも地震が発生したら、吹田市内では震度7相当との予測がある。

吹田の地名の由来は吹田大宮高浜神社に伝わる。5世紀前後の頃、河内国次田邑の豪族次田連(スキタムラジ/【新選姓氏録】には吹田連)一族が淀川を渡り、次田村を興したのが「吹田」の始まり。吹田大宮高浜神社はその次田連一族の氏神神社で、祖神の火明命(天照国照彦天火明串玉饒速日尊)、とその息子の天香具山命(高倉下命)の二柱を祀る。社名の高浜とは吹田の別名である。

吹田市の隣接市区町村

吹田市から隣接市区町村のホテル等へ移動されることで、交通費が変わる場合があります。

大阪府交通費一覧



Contact us

ご連絡はこちらからどうぞ


PageTop