ゆるる新大阪
出張オイルマッサージ性感メンズエステ
[ 営業時間 11:00~5:00 ] 06-6195-1015

此花区出張マッサージ|性感メンズエステ||ゆるる新大阪


出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪 出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪 出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪 出張マッサージ性感エステ|ゆるる新大阪
マイページでポイントがたまる・利用履歴が見れる・予約が簡単。ご登録はこちら。

Contact us

ご連絡はこちらからどうぞ

此花区での出張マッサージご利用料金

此花区のご自宅・此花区のホテルへの出張(派遣)は下記料金にて承っております。
ゆっくりと自宅マッサージ、お仕事の疲れを癒すホテルマッサージ。 此花区内であればどちらでも同料金で派遣させていただきます。
また、此花区のご自宅・ご宿泊先のホテルへの派遣時は大判のバスタオル持参でお伺いさせていただきますので、マッサージオイルやクリームでベッドを汚すことなく癒しの時間をお楽しみいただけます。
無料此花区での出張マッサージご利用はお得がいっぱい♪
大阪市此花区全域共通
  • 交通費… 1000円
  • 入会金… 無料
  • 自宅出張費… 無料
  • ホテル出張費… 無料
  • 日時予約料… 無料
  • 割引イベント… ご利用可能
  • 移動時間… 約 50 分(新大阪発時・大阪市此花区主要エリアへの移動時間 目安)

更新日:

料金計算機 大阪市此花区でのご利用料金の計算

大阪市此花区でのご利用料金の計算

コース(分)
お支払い方法
割引の有無
指名の有無

⇒ ご利用料金(交通費 1000円含む):

NOW本日[7/14(火)]の出勤 現在)(最新情報はブラウザを更新してご確認ください。)

長料金
延長時間 料金
20分 5,000円
40分 10,000円
60分 15,000円
名料金
名称 説明 料金
ホームページ指名 初めてご案内する女の子 無料
本指名 2回目以降にご案内する女の子 1,000円

大阪市此花区からの ご予約(お問い合わせ)方法

大阪市此花区にて ご案内を希望される際は、下記よりご希望の方法で ゆるる新大阪 にご連絡ください。
お名前・電話番号・ご利用場所(ご自宅住所・ホテル名部屋番号)等をお伝えください。



≪此花区ご案内可能町名一覧≫
春日出中,夢洲東,北港白津,朝日,桜島,高見,春日出北,梅町,北港緑地,西九条,伝法,梅香,四貫島,常吉,北港,春日出南,酉島,島屋

大阪市此花区Wiki

大阪市此花区のご紹介
此花区(このはなく)は、大阪市を構成する24行政区のうちのひとつである。

2025年国際博覧会(2025大阪万博)の開催予定地である。(夢洲地区)

此花区は1925年(大正14年)、大阪市西区に属していた現在の此花区周辺と、北区に属していた現在の福島区周辺が、元の区から分離して合わさることで新設された。

新しい区の名前を巡っては市会などで議論があり、玉川区・福島区・野田区・朝日区・四貫島区など、各地域がそれぞれの地元の地名を区の名前にしようとした。結局、王仁が詠んだとされる難波津の歌(「難波津に咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花」)から此花区という名に決まった。

大阪市の中部西端に位置しており、内陸部は北側が淀川、南側は安治川に挟まれ全域がほぼ平地となっている。西側は大阪湾の埋立地となっており、沖合に人工島の舞洲と夢洲がある。

区南西部の桜島からは、安治川対岸の天保山(大阪築港、港区築港三丁目)まで、無償の公営渡船が運航されている。

かつては淀川河口のデルタ地帯で多くの中洲があり、中でも伝法が漁村として栄え、仏教渡来の地とされる伝法山西念寺が大伽藍を誇っていた(廃仏毀釈で縮小した)。江戸時代には新田開発が進み、開発者の名前などにちなんだ地名が多い。

伝法口と呼ばれた伝法川の河口には大きな澪標(みおつくし)が立てられ、大坂市街へ遡上できない大型船から小舟に積み替える地であった。伝法村は廻船業を営む者が多く、樽廻船の発祥地でもある。しかし、1683年(天和3年)に安治川が開削されると伝法の港湾としての地位は低下した。一方、安治川沿いは繁栄し、西九条のうち春日出橋以東の安治川沿いは大坂市街に含まれるようになった。

1897年(明治30年)に西成郡川北村大字西九条、西野新田、四貫島、六軒家新田、春日出新田、恩貴島新田、南新田、島屋新田、築地(現在の桜島)、常吉新田、本酉島新田と秀野新田の伝法川以南が大阪市西区へ編入された。

1898年(明治31年)から1910年(明治43年)にかけて新淀川が開削され多くの土地が失われた。一方、明治中期より工場が相次いで建設され、大正期に入ると現在の住友グループを中心に大規模な開発が行われた。1922年(大正11年)には東洋一と呼ばれた春日出発電所も建設され、阪神工業地帯の中心的地位を担うようになった。

1925年(大正14年)に上記の地区と北区の安治川北通、旧野田村、下福島村、上福島村を区域として此花区が新設された。なお、区名は同じく新設の浪速区とともに難波津の歌から採用されている。同時に西成郡伝法町と稗島町は大阪市西淀川区へ編入された。


ユニバーサル・グローブ(ユニバーサル映画のロゴを象ったオブジェ)
1927年(昭和2年)には北港の埋立造成が始まり、住友電工、住友金属、住友化学、日立造船、大阪ガス、汽車製造の「西六社」と呼ばれる大規模工場群が完成した。

1943年(昭和18年)に嬉ヶ崎町(現在の朝日の東部)を除く旧野田村、下福島村、上福島村を新設の福島区へ分離。同時に西淀川区から旧伝法町の全域と稗島町の淀川以南(現在の高見)を此花区へ編入した。

第二次世界大戦では重工業地帯であることが災いして米軍から集中的な爆撃を受け壊滅的な被害が出た。高度成長期は激しい公害に見舞われながらも活気があったが、1980年代以降は産業構造の転換により重工業は振るわなくなり、工場の地方・海外移転などが進み、貨物駅や工場が廃止されて空き地が増えた。これに対し、一方ではハイテク製品生産への転換、2001年(平成13年)開業のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ)に代表されるアミューズメントエリア・ソフト産業地区への転換が模索されている。

人口はここ20年余り6万人台で推移しているが、2014年5月1日の推計人口で浪速区が此花区と大正区の人口を上回ったため、此花区が市内24区中最少となった。

2014年(平成26年)に大阪市内において区単位では初、また、都市観光における民間主導の観光協会としては2つ目となる此花区観光協会@大阪が設立。 賑わいを創出し、まちを活性化するとともに、人と人の交流を通じて豊かで活気のある地域社会を創造することを目的とし、街を舞台に観光を通じて海外と日本の平和を構築することが模索されている。

大阪市此花区の隣接市区町村

大阪市此花区から隣接市区町村のホテル等へ移動されることで、交通費が変わる場合があります。

大阪府交通費一覧



Contact us

ご連絡はこちらからどうぞ


PageTop